佐藤智恵オフィシャルウェブサイト

Profile - English

img_jinsei

世界最高峰ビジネススクールの「人生を変える言葉」
[監修, 編集, 翻訳]
出版社:早川書房
発売日:2013/11/22
amazon

ハーバード、スタンフォード、コロンビア、
シカゴ、ウォートン、ダートマス、ケロッグ。
7校43人の教授たちが、まさに今、
教室で語っている言葉の数々! !


「将来、これをやる、と決めたら、それに『オールイン』してください。全部を賭けて、失敗しても、全然構いません。それどころか、失敗するなら必ず、派手に失敗してください。私が皆さんを主役に素敵な教材を書いてあげましょう」
――ハーバードビジネススクール アニタ・エルバース教授

「すべての思い込み、決めつけを消し去ること」
――スタンフォード大学ビジネススクール ロバート・ジョス名誉教授

「動物には、六つの感覚が備わっている。五感と、経験的直観だ。しかし人間だけが第七感を持っている。それが『戦略的直観』だ」
――コロンビアビジネススクール ウィリアム・ダガン上級講師

はじめに

一つの言葉との出逢いで人生が変わることがあります。
それが、世界最高峰のビジネススクール(経営大学院)で出逢った言葉であればなおさらです。

この本は、エリートの養成機関といわれるビジネススクールで、
教授が学生に対して語りかけた言葉を集めた名言集です。
ナポレオンでもなく、ニーチェでもなく、
シェイクスピアでもなく、徳川家康でもありません。
ハーバード大学や、スタンフォード大学など、
世界最難関のビジネススクールで、経営学を教える教授たちが、
学生に今、語りかけている言葉です。

歴史上の偉人が残した名言は、数多くの本で紹介されています。
また、膨大な記録がありますから、そこから名言を引用することも比較的簡単にできるでしょう。

しかしながら、「今、授業で語っている言葉」は、
その場で記録しなければ、聞いた学生の心にしか残らず、
世の中に出ることはありません。
本書で紹介する言葉は、日本人留学生の心に刻まれ、
彼らが授業中にその場で書き留めた「生きた言葉」の数々なのです。

ビジネススクールの教授は、言葉の定義をとても大切にしています。
難解な経済学から、最新のデジタルマーケティングまで、
授業の初回は、必ず言葉を定義してからはじめます。

だからこそ、学生に人生の指針を教えるときも、
言葉を一言一句、選び抜くのです。

「成功とは」「お金とは」「正義とは」――抽象的な概念を、
教授なりの言葉ではっきりと定義してくれます。

――「はじめに」より抜粋

Share on LinkedIn